BLOG

ストア スタッフの素

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気になるコラム
  4. 「話の“さわり”だけ聞かせてください」話のどこ?

「話の“さわり”だけ聞かせてください」話のどこ?

「話のさわりだけ聞かせてください」と言われたら、皆さんは話のどこを聞かせますか?ほとんどの人が「最初の部分」を聞かせるのではないでしょうか?

実は「さわり」=「最初」ではないのです⚠今回は、勘違いしやすい「さわり」の正しい意味を解説していきます💁‍♀️

「さわり」の正しい意味

辞書

実は「さわり」とは、「肝心なところ」という意味で使うのが正しいです。つまり導入部分ではなく、もっとも興味を惹く部分のことです。話なら「名場面」、曲なら「サビ」、文章なら「要点」などの部分をさします。

「さわり」の正しい使い方

例)映画のさわりで寝てしまい、話が分からなくなってしまった。

例)あの曲のさわりに入る前のメロディーも素晴らしいよね。

例)時間がないので、話のさわりだけ教えてください。

のように使うのが正しいです✨

間違っている人は5割以上!?

文化庁が実施した平成28年度の「国語に関する世論調査」では、53.3%の人がさわりの意味を「話などの最初の部分のこと」だと思っていることがわかりました💦

逆に、「話などの要点のこと」と正しい意味で理解している人は36.1%と4割以下でした😥

間違った意味で広まった理由

「さわり」という言葉をなんとなく頭の中で「触り」「触る」という漢字に変換されているのが原因の一つだと言えます。「触る」=「表面的に触れる」というイメージがあるためです。また、「さわり」という言葉の響きから、「軽く触れる」というイメージもあるので、「話の最初の部分」という解釈で広まったのではないかと言われています😥😥

日本語を正しく理解してコミュニケーションを取ろう!

弊社ゼックの「推奨販売」のお仕事では、店頭に立って様々な商品を、様々なお客様に説明することでコミュニケーション能力がアップします!どんなお仕事なのか気になる方は、お問い合わせで、お仕事内容の「さわり」だけでも聞いてください🎵

▼お仕事の詳細・スタッフ応募は下記バナーから🌟

▲バナーをクリック!

▼ここからも応募できます♪(お問い合わせフォーム)

    ■ お名前 (必須)

    ■ 会社名 (法人の場合)

    ■ メールアドレス (必須)

    ■ お電話番号(必須)

    ■ 内容 (ご選択ください。)

    ■ メッセージ

    関連記事

    Twitter Facebook Pocket LINE はてブ